場づくりクラス

2017年場づくりクラスは、定員超過のため受付終了です
2018年1月に開講する新しいクラスの募集が始まっています。

2018年1月開講 昼のショートクラス詳細>>>




  • 場を運営しているけど「なにか違う」と感じている
  • 場を作っても継続が難しい、負担が大きい、コツがわからない
  • 自分流でなく、きちんと学びたい
  • 自分の場を持ちたい、自分の場に活かしたい
  • 自分のことや、自分の活動を、見つめ直したい
  • 自分一人でなく、仲間と場をつくる方法が知りたい
  • いまかかわっている活動が衰退していて、盛り返したい
  • 場をつくりたいが、なにから手をつけていいのかわからない
  • 「場」を提供しているが、うまく活用してもらえない


場づくりクラスとは?

既になにかの活動をしている人も、これから活動をはじめたい人も、みんなでゼロから学べるクラスです。


場づくりクラス座学の学びの場だけでなく、小グループで実際にイベントを計画・実施して実践的な力をつけたり、一人ひとりのつくりたい「場」がどんなものなのかを、じっくりと深めていく機会もあります。無理なく、楽しみながら、仲間と共に学べるのが、この「場づくりクラス」です。半年かけた取り組みで、新しい仲間もできます。卒業生のみなさんは、様々な場をつくり出しています。


半年間・全15回のプログラム詳細


第1回:そもそも「場づくり」とは?

  • <2017年5月31日(水)19時30分〜21時30分>

「場づくり」って、そもそもどういうこと? きほんの「き」を学びます。
初回なので、自己紹介など交えつつ、楽しくやりましょう!

  • ▢オリエンテーション
  • ▢「場づくり」とはそもそもどういうことか?
  • ▢「場所」と「場」のちがい
  • ▢私が「場」をつくり「場」が私をつくる
  • ▢自己紹介と交流企画

第2回:わたしのつくりたい「場」とは?

  • <2017年6月7日(水)19時30分〜21時30分>

外からのインプットも大切ですが、一番大切なのはあなたのなかにある“思い”です。
自分の内側の情報にアクセスして、可能性を知ることからはじめましょう。

  • ▢どんな場をつくりたいのかゼロから考えてみる
  • 脳内棚卸しで「わたしのやりたいこと」をスキャンする
  • 様々な思いや考えを客観視する方法
  • 場づくりをやってみないとわからないメリット
  • 自分のなかにある大きな可能性を自覚する

第3回:コミュニケーションとしての「会議のやり方」

  • <2017年6月28日(水)19時30分〜21時30分>

組織運営の肝は会議! 会議がうまくいかないと、場づくりもうまくいきません。
会議のやり方を、基本からじっくり学びます。毎年大好評の講座です。

  • ▢人の集まりと組織の違いとは?
  • ▢トップダウン型組織とフラット型組織のメリット・デメリット
  • ▢意志決定までの5ステップ
  • ▢会議の準備でやるべきこと
  • ▢会議とワークショップの違い

第4回:イベントを通して「場づくりのチカラ」をつける

  • <2017年7月12日(水)19時30分〜21時30分>

イベント開催には「場づくり」のほとんどの要素が入っています。
イベントを例にして、現場で役に立つ場づくりのノウハウを学びます。

  • ▢イベントとはそもそもなにか?座学でしっかり学ぶ
  • ▢イベントには「新しい日常」をつくる力がある
  • ▢実行委員会形式によるイベント開催の方法
  • ▢参加者、協力者をどう集めるのか?
  • ▢イベント開催に向けて必要なこと

第5回:自主イベントを企画してみよう!

  • <2017年7月26日(水)19時30分〜21時30分>

この後の「実践」パートでは、受講生で「自主イベント」開催に取り組みます。
実践パートに移るにあたって、いままでの学びを整理して、準備を整えます。

  • ▢実行委員会形式とはなにか?
  • ▢民主的な会議のやり方をおさらいする
  • ▢「準備体制」と「当日体制」を使い分ける
  • ▢自主イベント開催のためのチームづくり
  • ▢自主イベント開催に向けてのオリエンテーション

第6回:夏休みの交流企画! 場づくりベースキャンプ

  • <2017年8月5日(土)全日>

交流会の様子過去クラス受講生にも声をかけた大交流企画!
西多摩郡檜原村にある緑豊かな施設「れんげ舎檜原BASE」に集まります。

  • ▢過去クラス受講生との交流企画
  • ▢れんげ舎檜原BASEを体験!

(*別途参加費実費がかかります。)


第7回:イベントの立ち上げ方

  • <2017年8月30日(水)19時30分〜21時30分>

受講生でチームをつくって、「自主イベント」開催に取り組みます。
ここでは、ゼロからの立ち上げ方を体験します。

フラットな会議を体験

  • ▢主催者組織をどう作るか?
  • ▢最初の提案に盛り込むべき「5つの必須要素」
  • ▢イベントに合った運営体制を確立するには?
  • ▢会議進行のコツ
  • ▢会議の前後にやるべきこと

第8回:イベント準備期間の過ごし方 

  • <2017年9月13日(水)19時30分〜21時30分>

イベントの良し悪しは「準備期間」をどう過ごすかで決まります。
実際に準備を進めながら、座学では伝えきれないコツを会得します。

クラス終了後の交流会(お酒を飲まない方も大勢います)

  • ▢準備期間に必要な調整とは?
  • ▢「会議」をコミュニケーションの場にするためには?
  • ▢フラットな組織を運営するコツ
  • ▢不確実な要素をどう扱うのか?
  • ▢準備の「場づくり」が当日の「場」をつくる

第9回:イベント開催直前の過ごし方

  • <2017年9月27日(水)19時30分〜21時30分>

自主イベント開催に向けた最後の機会です。
「当日」へのカウントダウン、どう過ごせばいいのでしょうか?

  • ▢「準備体制」から「当日体制」へのシフト
  • ▢「当日のイメージ」はどこまで共有するべきか?
  • ▢確実につくり上げる要素と、当日の展開に任せる要素の違い
  • ▢役割分担と当日の動きの確認方法
  • ▢「不安要素」にどう向き合うか?

第10回・第11回:自主イベント(パート1・パート2)

  • <2017年10月15日(日)・22日(日)>

いよいよ、受講生による2つの「自主イベント」の開催です。
イベント当日の「場づくり」を体得します。

イベント終了後の1枚

  • ▢準備段階でのイメージと実際の現場の落差を体験する
  • ▢「当日」だからこそ生まれるリアリティ
  • ▢「現場」に出たときに、そもそもの「目的」を忘れないために
  • ▢主催者として求められるふるまいとは?
  • ▢突発的な事態にどう対処するのか?


第12回:場づくりのステップと活動のふりかえり方

  • <2017年10月25日(水)19時30分〜21時30分>

たった一人の心のなかにある思いから、多くの人が参加する場をつくるまでを、
ステップにして整理します。あなたはどこからはじめますか?

  • ▢活動をふりかえることで前に進むには?
  • ▢ふたつの方法を組み合わせてふりかえる
  • ▢ゼロから常設の場までのステップを俯瞰する
  • ▢あなたの「はじめの一歩」「現在地」は?
  • ▢「場づくり」の達成の目安になるものは?

第13回:仲間をみつけるために「発信者」になろう

  • <2017年11月8日(水)19時30分〜21時30分>

仲間をみつけるためには、自分のやりたいことを発信することが必要。
「でも、発信って難しそう…」──いいえ、簡単に楽しくやれます。

  • ▢インターネットと紙媒体のちがい
  • ▢強力な発信ツール「パーソナルレター(通信)」の作り方
  • ▢情報発信と集客
  • ▢メルマガ/SNS/ブログ/WEB/紙媒体を関連させる
  • ▢発信者作法 〜これだけはおさえよう〜

第14回:総まとめ! 一泊二日の場づくり合宿

  • <2017年11月18日(土)〜19日(日)>

総まとめと、次の一歩を踏み出すために「合宿」を開きます!
2時間枠のクラスではやれない場づくりの「深層領域」を扱います。

  • ▢場と私はどのようにつながっているのか?
  • ▢場にエネルギーを充てんする方法
  • ▢わたしの「場」の“根っこ”にあるものを探る
  • ▢常識や社会通念を相対化する
  • ▢これからのことを考える

 (*別途参加費実費がかかります。会場は神奈川や埼玉など、東京からあまり遠くないエリアです。)

第15回:一人ひとりの「場づくり」のために

  • <2017年11月29日(水)19時30分〜21時30分>

いよいよ最終回。いままでの学びや自分の「気づき」をふりかえり、
一人ひとりの「場づくり」に向けて次の一歩を踏み出します。

  • ▢まとめの話
  • ▢場づくりでくじけないために
  • ▢パーソナルレター(通信)で発表会
  • ▢クラス後のフォローアップ体制について
  • ▢クロージング


個別相談:あなたのためだけの+1ステップ!

  • <2017年12月〜2018年1月頃>

クラス終了後に、あなただけの60分の個別相談(スポットコンサル)を追加できます。
学んだことをどう活かすのか、あなたの状態に寄り添い、一緒に考えます。
(*オプションプランのみ)

 

講 師:長田 英史(おさだ てるちか)

長田英史NPO法人れんげ舎 代表理事
Farolumo llc 代表
まちだNPO法人連合会 会長

1972年、神奈川県茅ヶ崎市生まれ。和光大学経済学部経営学科卒業後、同大学人文学専攻科教育学専攻中退。教育学や心理学、運動論、身体論などを学ぶ。1990年、在学中にかかわった「子どもの居場所・あそび場づくり」の市民活動に学生ボランティアとして参加し、卒業後は就職せず、それを仕事にする。現在45歳だが、この道27年。
自分たちの力で豊かな「場」をつくり出せれば、大きな組織に属したり、企業や行政からの財政援助を受けなくても、活動が成り立つことを身をもって証明する。いまも子どもたちにかかわる「場」を守りながら、長年の経験を活かして、他団体へのコンサルティング、講演、執筆などを精力的にこなす。講座は年間80回、関東だけでなく東北から関西、近畿など各地で開催される。講座の主催者(クライアント)は、NPO、市民活動団体、行政、公益法人など幅広い。

1996年に任意団体としてれんげ舎設立、2002年にNPO法人化(1996年には、まだ日本にNPO法人格が存在しなかった)。2003年、地域の人との接点と財政基盤強化のため、カフェ「金魚玉珈琲」を出店。NPO経営のカフェとしてはめずらしい深夜営業などを行い、幅広い客層が利用。看板メニューの「瓶詰めプリン」を楽天市場・Amazonなどで通信販売を開始し、TV・ラジオ・雑誌などで繰り返し取り上げられる。プランタン銀座、東京大丸、中野丸井、広島福屋、札幌伊勢丹など、各地の有名デパートでも販売する。
2010年より、自分たちの活動経験のなかで、他の個人や団体でも活用できる要素を「場づくり」という観点からコンテンツ化し、「場づくり支援事業」を本格化。

いわゆる中間支援組織ではなく、自らも現場で活動する「プレイヤー」として、「場づくり」の哲学とノウハウを共有し続けている。メルマガ「場づくりのチカラ」(購読者1,900名)や、ブログ「新しい日常を創るためのベースキャンプ」などで、無料の情報発信をしながら、れんげ舎主催の「場づくりクラス」では、体系立てて学びたい人、仲間がほしい人、組織に属しているが疑問を抱えている人、ゼロから一人ではじめたい人など、多くの人たちに向けて、情報と励ましを届け続けている。
著書に『場づくりの教科書』(芸術新聞社 2016年9月)。
*『場づくりの教科書』は、AmazonのNGO・NPO部門ランキング1位、ビジネスライフ部門ランキングで4位を獲得しました。


【特典1】通常料金の70%OFFでスポットコンサルを追加

今年度から追加された特典です。通常90分30,000円(税別)のスポットコンサル(個別相談)が60分6,000円(税別)で追加出来ます。学びを確実に自分の次の一歩につなげるために、ぜひご利用ください。*お申込みし込み多数の場合は〆切になる場合がございます。

【特典2】欠席だけでなく復習に最適な「動画配信」

欠席してしまったときの座学・ワークの内容をチェックしたり、復習したいときに使えます。スマホからの視聴にも対応しているので、通勤・通学のときにも学べます。

【特典3】クラス後の学びと交流「場づくりベースキャンプ」

2016年以前の受講生260名と、今年度の受講生のみなさんを対象にした学びと交流の場として、「場づくりベースキャンプ」を毎月開催しています。交流会、限定のアドバンスセミナー、現場訪問など、いずれも過去受講生だけが参加できます。

【特典4】受講生・講師・スタッフ限定グループ

受講生の方は、任意でFacebookグループに参加できます。他の受講生の方とやりとりしたり、情報交換、交流などに使えます。また、クラス修了後は、過去受講生を対象としたグループにもご参加いただけます。いずれも活発に情報交換されています。

日 程:2017年5月31日〜11月29日(全15回)

5/31(水)19時半〜21時半・6/7()19時半〜21時半・6/28()19時半〜21時半・7/12()19時半〜21時半・7/26(水)19時半〜21時半・8/5(土)全日・8/30(水)19時半〜21時半・9/13(水)19時半〜21時半・9/27(水)19時半〜21時半・10/15(日)全日・10/22(日)全日・10/25(水)19時半〜21時半・11/8(水)19時半〜21時半・11/18(土)〜19(日)・11/29(水)19時半〜21時半
*遅刻・欠席の場合には、テキストだけでなく、動画配信で内容をチェックできます。

会 場:神楽坂(東京メトロ「神楽坂駅」すぐ、JR/総武線「飯田橋駅」より徒歩10分

*遠方からのご参加で、宿泊先などの案内が必要な方は、お気軽にご相談ください。

定 員:30名(先着順)

参加費:44,000円(税込み47,520円)

*8/5の交流企画の参加費実費、11/19〜20の合宿の参加費実費がかかります。

【スポットコンサル付きオプションプラン】
参加費:50,000円(税込み54,000円)

*通常90分30,000円(税込み32,400円)のスポットコンサル(個別相談)を、60分6,000円(税込み6,480円)で追加できます。こちらのオプションプランは、お申し込み多数の場合は受付を終了する場合があります。

《参加費のお支払い方法》

銀行振込/クレジットカード(VISA/MASTER)

●銀行振込
お申し込み完了後に、振込み先口座のご案内をさせていただきます。
振込手数料はお客様負担となりますのでご了承ください。

●クレジットカード決済
お申し込み完了後に、お手続きのご案内メールをお送りしますので必要な情報の入力をお願いいたします(ご利用可能なクレジットカード:VISA/Master)。
*クレジットカード決済に限り、分割でのお支払いにも対応しております。分割払いにつきましては、万一なんらかの理由でクラスを最後まで受講できなくなった際も、参加費は全額をお支払いいただきます。

《キャンセルポリシー》

申込み受付完了後のキャンセルは、キャンセルポリシーに基づきキャンセル料が発生いたします。
必ずご確認ください。
2017年5月16日(火)23時59分以前のキャンセル:無料
5月17日(水)0時00分~5月23日(水)23時59分:参加費の50%
5月24日(木)0時00分以降のキャンセル:参加費の100%


2017年場づくりクラスは、
定員超過のため、受付を終了いたしました。

*受付終了

受講生の感想文から



自分で何かはじめたいと思っていましたが、何から手をつけてよいのか、それ以前に何をやりたいのかも定まっていませんでした。場づくりはノウハウではないこと、大切なことを学んだと思います。新しい考え方や視点を手に入れ、随分自由になってきたと思います。

場づくりのステップについて学ぶことにより、自分が今どの位置にいて、どのような悩みがあるのかを客観的にみて感じることができました。

場は既に持っているけど「なんか違う」と感じていた。「会議のやり方」では、今までわかっているようでいて適当にやっていたんだなと思いました。

今までの私がいかに「狭い」世界で生きてきたかということに気づかされました。世の中には色々な価値観や考えや行動基準があり、そこに「場」をつくるのは一度自分の常識をリセットすることが必要なんだということに気づいた時、このクラスのカリキュラムの意味がわかりました。みんな違って当然。価値は一つではない。さあ、これからどんな場づくりをするのか。

上手に(イベントを運営するための)体制ができると、それだけで楽しくなる気がします。体制(実行委員会)づくりを通して、お互いの場に対するイメージが共有できるものいいなあと思いました。


自分のからだや自分の心とつながって「自分に正直にいる」という在り方の部分がとても印象に残りました。

あっという間に終わってしまいました。「通信」はたった1枚の紙なのに、こんなにも”その人” ”その人柄”がでるものなんだ!とびっくり。”場”もそうなのでしょうね。来年”場”をつくりたいという想いからの参加でしたが、思い切って参加して本当によかった!!ありがとうございました。

あっという間でした。通い始めは「続くかしら?大丈夫かな?」と不安だったけれど、周りの方々との出会いや自分の活動を見つめるいい機会をいただいたので続いたのだと思います。

同僚で会議を上手に回している人がいます。今回の「会議のやり方」のほとんどを実施しているんだ!と感じました。

このクラスへ来たのは、会社の上司のすすめでした。「場のつくり方」のテクニックやノウハウを手っ取り早く学ぼうと思っていましたが、甘かった。大切なのは、自分自身がどうしたいか、そして他の人にどう共感してもらうかなのだと思う。

今日のクラスは、自分が普段考えていることととてもリンクしていて、具体的なヒントが多くありました。
とても具体的な経験を元に、丁寧に整理されたステップだと思います。「次の一歩」について考えてみようと思います。

「自分でも場をつくりたい」という想いがムクムクとわきあがっているところです。今日のクラスでその想いがさらにUPしています。次回のクラスもとても楽しみです。

「個人の内面」と「組織の活動」がつながる・つなげるという言葉は、思った以上につきささりました。「思ったこと」をどう取り扱うか、自分ももっと会議をうまく使い活動につなげたいなと思いました。

「本当に思ったことを言う」っていいなぁ、と改めて思った。「陰口」とは思っていなかったけれどオフィシャルとノンオフィシャルとを使い分けている自分がいるのに気づいた。そこで気づかないうちに「本当に思ったこと」をぐっと喉で止めていたかもと思った。

今ここ、に感じることにフォーカスすることの大切さ。静かに自己と向き合うことの大切さを感じました。「〜すべき、〜ありたい」の中に生きていたんだなぁ・・・私。

この場で学んだこと、感じたことはずっと自分の中に残りました。

「通信づくり」という手応えのある作業に取りかかると、ぐっと自分の発信したいことが具体的に映ってわくわくしました!楽しんで作りたいと思います。

みなさんの振り返りを聞いていて、「場をつくる」という視点を持っている人が企画側の全員であることは改めて贅沢だなと感じました。その視点で運営のプロセスを繰り返していくことで、どんどん素敵な場が広がっていくことが想像できてわくわくします。このクラスで少しは“会議筋”をつけられたかな?と思います。

自分の感想があまりにも長くて自分でも驚きでした。少し厳しめに捉えていた部分とイベント当日自分が楽しめたという達成感・満足感が共存していたので、みんなと共有できて良かったです。やっぱり場につくられているんだなぁ。

「会議で本当のことを言う」「本当のことを言って良かった」…。個人のアイデンティティと組織のアイデンティティがつながる場を「会議」でつくる。そのメッセージが一番心に響きました。

「感じたこと」「考えたこと」を混同すると判断をちがえたりすると改めて認識することができました、頭と心の整理をするときに役立てたいです。

感じる・考えるの両方をきちんと「伝える」ことが今後の自分にとっては大きなポイントだと感じました。
リアルタイムでちゃんと自分の感じていることを自分にとってぴったりの言葉をチョイスして表現できるようになりたいです。とても深い部分にアクセスするヒントを得られたクラスだったと思います。

スタッフ紹介

受講生のみなさんといっしょに、楽しみ、学ぶ、スタッフからのご挨拶!

ボーガント・デストゥパーゴ
スタッフ2   志摩 彩香
れんげ舎では「場づくりクラス」をはじめ、事務まわりの仕事をちょこちょこと担当しております。
実は、私ももともとはクラス受講生でした!たくさんの気づきや学びをクラスでもらい、
今ではスタッフとしてクラスに関わり、毎年いろんな人やものや時間との出会いをもらっています。
今年はどんなクラス・どんな場が生まれるのか、とても楽しみにしております!
どうぞよろしくお願いいたします。



ファゼーロ
   田中 比香里
場づくりって何?場づくりんごって何?どうしてこんなに手と足が長いの?このどんぐりは??気になる方は、わたしに聞いてください。クラスでは、みなさんにお知らせをしたりお茶を淹れて配ったりりんごを描いたり、いろいろやります。普段れんげ舎では子どもの活動もしていて、劇をやったりアコーディオンを弾いたりもします。みなさんと一緒にクラスという「場」をつくっていくのが、とても楽しみです♪どうぞよろしくお願いします。



ファゼーロ
スタッフ3   渡邉 美千代
れんげ舎のカフェ「金魚玉珈琲」の“瓶詰めプリン”をご存じですか?私はいつも、プリンの開発や生産に携わっています。年齢を重ねると共に、なぜかどんどん元気になってきて、特に50代になってからは仕事をかけもちするほどになりました。昼夜問わず働き、自分の出来ることが広がり、毎日を楽しんで暮らしています。場づくりクラスでみなさまにお会いするのを楽しみにしています。いっしょに場づくりを体験していきましょう!